ジニアス記憶術の本当の効果を検証し、内容を評価します。

太陽とともに生きる −ジニアス記憶術の有効活用−

 

脳を活性化させ、健康な状態を維持するためには「規則正しい生活」が必要です。
ここで言う「規則正しい生活」とは、太陽とともに生きるということです。

 

太陽とともに生きることがなぜ必要なのか?それは「セロトニン」という神経伝達物質に関係しています。「セロトニン」は海馬における記憶力や精神の安定に影響を及ぼす物質であることがわかっています。そして、「セロトニン」を活性化させるためには太陽の光が重要な役割を果たしているのです。

 

人類は太古の昔から、日の出とともに活動を始め、日の入りとともに活動を終えて休むという生活をしてきました。電気を使った照明器具が発明されて、地球上のほとんどの人たちが夜も昼間と同じように活動することができるようになってからまだ100年あまりです。
それ以前は、太陽が沈むまでに終えることのできなかったことは、翌朝ふたたび太陽が出るまでは中断せざるを得なかったのです。

 

ところが現代では、スイッチ一つで明かりをつけて夜通し活動することが可能です。
しかし、どんなに便利な世の中になっても、長い時間をかけて作り上げられてきたからだのシステムは、そう簡単に変わるものではありません。
私たち人間の体には、今でも太陽の光の中で活動し、太陽が沈んだら活動を休止するというリズムが備わっているのです。

 

朝目覚めたら、まずは雨戸やカーテンを開けて太陽の光を部屋に取り込むことが大切です。
天気のいい朝なら、ジョギングやウォーキングをしながら太陽の光を浴びるのもいいでしょう。
セロトニンは朝に作られる物質なので、セロトニンを作り出し活性化させるためには朝の太陽の光がとても有効なのです。

 

セロトニンを活性化させることでジニアス記憶術の効果をさらに高めることが可能になるはずです。

 

 


⇒ 川村明宏のジニアス記憶術 公式ページはこちら

 


トップページ うれしい特典 記憶の種類 右脳と左脳の役割 川村明宏博士ってだれ?