ジニアス記憶術の本当の効果を検証し、内容を評価します。

アタマをよくするにはサバの刺身にたっぷりのワサビ  −ジニアス記憶術の有効活用−

サンマやサバなどのいわゆる「青魚」の脂には、DHAが多く含まれています。この DHAは、ドコサヘキサエン酸の略で、脳や神経細胞の発育・維持にとても大切な物質だということがわかっています。

 

脳内のDHA濃度が減ると、脳の発達が遅れたり、情報伝達のスピードが遅くなり、アタマの回転が遅くなるといわれています。DHAが脳の働きと関係があると最初に考えたのは、イギリスの脳栄養化学研究所教授、マイケル・クロフォード博士でした。

 

驚くべきことに彼は、「日本の子どもの知能指数が高いのは、魚をたくさん食べ、魚に含まれているDHAを大量に摂取しているためだ」と指摘したのです。 それを裏づけるように、お母さんたちのお乳に含まれているDHAの量は、オーストラリア人が母乳100gあたり一○r、アメリカ人はわずか七rだったのに、日本人は 二Or以上だったという結果も出ています。こんなにDHAが含まれている母乳を飲ん でいれば、脳が発達して当然です。

 

ところが、日本では食の欧米化が進み、とくに若い人のなかには「青魚よりも肉がいい」という人が急増しているのは、脳のことを考えると残念です。もっとDHAを効果的に摂取するようにしてみてはどうでしょうか。

 

具体的にいうと、青魚を刺身で食べてしまうのです。DHAは加熱するとほとんどが失われてしまいます。以前の日本人は大量の青魚を食べていたため、それでも十分にDHAを補給することができていました。

 

青魚を加熱して食べていたのは、青魚が傷みやすいためでした。しかし、輸送技術の進歩によって、鮮度を損なわずに消費者の手元に届くようになりました。そこで、たまにしか青魚を食べる機会がないなら、DHAがたっぷり含まれている生の状態で食べてしまおうというわけです。

 

青魚特有の臭みが気になるのなら、ワサビやショウガをたっぷり使ってください。生臭さが消えるだけではなく、ワサビとショウガには、血行をよくする働きがあります。 つまり、こうした薬味と一緒に青魚を食べれば、より効果的にDHAを脳へ運ぶことができるのです。


トップページ うれしい特典 記憶の種類 右脳と左脳の役割 川村明宏博士ってだれ?