ジニアス記憶術の本当の効果を検証し、内容を評価します。

ジニアス記憶術 右脳と左脳の役割

 

 

右脳の役割

 

右脳の役割として、一般的に知られているのは
「直感」や「ひらめき」、「感覚」、「イメージ」などに関する働きです。

 

論理的な把握や記憶などを重視した教育制度からは、
重視されてこなかった右脳の役割ですが、人間の道の能力を引き出し、
さらなる発展を遂げるために近年、俄然脚光を浴びるようになりました。

 

ベートーベン、モーツァルト、ピカソ、アインシュタインなどなど、
いわゆる誰もが認める「天才」たちは、
この右脳がずば抜けた能力を発揮していたのではないかと言われています。

 

そして、一部の天才だけでなく、私たちの右脳もまた未開の領域なのです。
この未開の領域である「右脳」を鍛え、
開発することによって、私たちはまだまだ進歩できるのです。

 

 

 

左脳の役割

 

「直感」や「ひらめき」の右脳に対して、物事を論理的にとらえるための働きをするのが左脳です。

 

 

これまでの教育、特に学校教育では最も重要視され、
私たちは「左脳」をひたすら活性化させ鍛えてきたといっても過言ではありませんし、
これまでの人類の進歩もある意味、
人間の左脳の働きによるところが大きかったことは言うまでもありません。

 

 


⇒ 川村明宏のジニアス記憶術 公式ページはこちら


トップページ うれしい特典 記憶の種類 右脳と左脳の役割 川村明宏博士ってだれ?